カンボジア移住:メリット・デメリット、生活費、ビザ、ブログ、仕事、子育て、方法、必要なもの徹底解説!

 


東南アジア屈指の人気移住先、カンボジア! 近年、物価の安さや温暖な気候、充実したインフラなどが魅力となり、移住を考える人が増えています。

しかし、移住にはメリットだけでなくデメリットも存在します。 この記事では、カンボジア移住について徹底解説! メリット・デメリット、生活費、ビザ、ブログ情報、仕事事情、子育て環境、移住方法、必要なものまで、カンボジア移住に関する全てをご紹介します。

カンボジア移住

カンボジア移住 メリット デメリット

メリット

  • 物価が安い: 日本と比べて物価が非常に安く、生活費を抑えられます。
  • 温暖な気候: 年間を通して温暖な気候で、冬でも過ごしやすいです。
  • 充実したインフラ: 近年、インフラが整備されており、都市部では快適な生活を送ることができます。
  • ビザが取得しやすい: 移住者向けのビザの種類が豊富で、取得も比較的容易です。
  • 自然豊かな環境: 美しいビーチや山々など、自然豊かな環境が魅力です。
  • 親日的な国民性: カンボジア人は親日的な人が多く、日本人にとって住みやすい環境です。
  • ビジネスチャンス: 経済成長著しいカンボジアでは、ビジネスチャンスも豊富です。

デメリット

  • 医療体制が整っていない: 医療体制が整っておらず、緊急時の対応が不安です。
  • 教育環境が整っていない: 教育環境が整っておらず、質の高い教育を受けられる場所が少ないです。
  • 治安が悪い: 一部の地域では治安が悪く、注意が必要です。
  • 言語の壁: 公用語はクメール語であり、英語はあまり通じません。
  • インフラの整備が不十分: 地方ではインフラの整備が不十分で、生活に不便を感じる場合があります。
  • 腐敗が横行している: 政治腐敗が横行しており、社会基盤が整っていないと感じることがあります。

カンボジア移住 生活費

カンボジアの生活費は、日本と比べて非常に安いです。 家賃、食費、交通費などを含めた一ヶ月の生活費は、一人暮らしで10万円程度、二人暮らしで15万円程度が目安です。

もちろん、住む場所や生活スタイルによって多少異なりますが、日本よりもかなり安く生活することができます。

カンボジア移住 ビザ

カンボジア移住には、いくつかの種類のビザがあります。

  • 就労ビザ: カンボジアで働くためのビザです。 雇用主のスポンサーが必要となります。
  • ビジネスビザ: カンボジアでビジネスを行うためのビザです。
  • リタイアメントビザ: 一定額以上の年金収入がある人向けのビザです。
  • 投資ビザ: 一定額以上の投資を行う人向けのビザです。
  • その他: 上記以外にも、学生ビザや結婚ビザなどがあります。

ビザの種類によって必要な条件や申請方法が異なるため、詳しくはカンボジア大使館・領事館にご確認ください。

カンボジア移住 ブログ

カンボジア移住に関するブログは、数多くあります。 移住者の体験談や生活情報などを発信しており、移住前に情報収集するのに役立ちます。

おすすめのカンボジア移住ブログ

  • カンボジア移住生活 [無効な URL を削除しました]
  • カンボジアで自由な生活 [無効な URL を削除しました]
  • カンボジア移住のススメ [無効な URL を削除しました]

カンボジア移住 仕事

カンボジアは経済成長著しい国であり、近年、外国人労働者の需要が高まっています。

特に、IT関連、英語教師、観光業などの分野で求人が多いです。

カンボジアで仕事を見つけるには、転職エージェントを利用したり、求人情報サイトで検索したりすることができます。

また、日本語が話せる人材は特に需要が高いため、日本語教師の資格を持っている人は有利です。

カンボジア 移住 子育て

カンボジアは子育てしやすい国と言われています。

物価が安いので、教育費や生活費を抑えられます。 また、自然豊かな環境で、子供を伸び伸びと育てることができます。

ただし、教育環境は整っていないため、質の高い教育を受けられる場所が少ないというデメリットもあります。


カンボジア 移住 方法

カンボジア移住には、いくつかの方法があります。

1. 就労ビザで移住する

カンボジアで仕事を見つけて、就労ビザを取得する方法です。

比較的簡単移住する方法ですが、仕事を見つける必要があります。

2. ビジネスビザで移住する

カンボジアでビジネスを始めるためのビザを取得する方法です。

一定額以上の投資が必要となります。

3. リタイアメントビザで移住する

一定額以上の年金収入がある人向けのビザを取得する方法です。

比較的条件が緩やかなビザですが、年金収入の証明が必要です。

4. 結婚ビザで移住する

カンボジア人のと結婚して、結婚ビザを取得する方法です。

家族と一緒に移住したい人におすすめです。

5. その他

学生ビザや投資ビザなど、上記以外にも様々な方法があります。

自分に合った方法を選択しましょう。

カンボジア 移住 必要なもの

カンボジア移住には、以下のようなものが必要です。

  • パスポート: 残効期間が6ヶ月以上あるものが必要です。
  • ビザ: 移住目的のビザが必要です。
  • 航空券:
  • お金: 生活費や家賃などの初期費用が必要です。
  • 海外旅行保険: 万が一に備えて加入しておきましょう。
  • 衣類: 温暖な気候なので、薄着で過ごしやすい服装を用意しましょう。
  • 日用品: シャンプー、リンス、歯ブラシ、洗面用具などの日用品が必要です。
  • 変換プラグ: カンボジアのコンセントは日本のコンセントと違うので、変換プラグが必要です。

その他

上記以外にも、必要に応じて持っていくものがあります。

事前にしっかりと準備しておきましょう。

まとめ

カンボジア移住は、メリットだけでなくデメリットも存在します。

移住前にしっかりと情報収集を行い、自分に合ったかどうか慎重に判断することが大切です。

このブログ記事が、カンボジア移住を検討している方の参考になれば幸いです。


Popular posts from this blog

栃木県宇都宮市で理想のパートナーを見つけよう!宇都宮婚活ガイド(結婚相談所、50代、オタク、

タイ移住は悲惨?夢と現実、老後移住を成功させるための注意点、海外移住、生活費、50代、失敗、デメリット、費用、条件、後悔、リタイアメントビザ、ブログ、タイで暮らす日本人、

【徹底比較】銀座で出会いを叶える!おすすめ結婚相談所10選と、銀座でのデートプラン