共働きなのに生活費くれない旦那!離婚すべき?解決策と知恵袋まとめ


1. 生活費くれない旦那との離婚はアリ?

共働きなのに生活費をくれない旦那、モヤモヤしますよね。離婚を考えるのも無理はありません。

法律上、夫婦は婚姻費用分担義務を負っており、夫婦の収入と生活状況に応じて、生活費を分担する必要があります

生活費をくれない旦那は、この義務を怠っていることになります。離婚原因となる可能性もあり、離婚を検討するのも一つの選択肢です。

2. 共働きなのに生活費くれない旦那への対処法

すぐに離婚を決断する前に、以下の対処法を試してみるのも良いでしょう。

  • 話し合いで解決してみる: 冷静に、具体的な金額や支払い方法を話し合ってみましょう。
  • 家計簿をつけて共有する: 家計の状況を可視化することで、旦那も問題に気づきやすくなります。
  • 夫婦カウンセリングに通ってみる: 第三者の助けを借りて、問題解決に向けた話し合いをしましょう。
  • 弁護士に相談する: 法的なアドバイスを受けることで、今後の対応を検討することができます。

3. 旦那が生活費くれない! 知恵袋の解決策まとめ

知恵袋には、生活費くれない旦那への悩みと解決策がたくさん投稿されています。

以下は、よくある解決策のまとめです。

  • 話し合いで解決できた
  • 家計簿をつけて改善した
  • 夫婦カウンセリングに通った
  • 弁護士に相談して、婚姻費用分担請求をした
  • 離婚した

具体的な解決策は、状況によって異なります。しかし、知恵袋の投稿を参考に、自分にとって最適な方法を見つけることができるかもしれません。

4. 専業主婦の場合

専業主婦の場合、生活費を全く受け取れないのは困りますよね。

婚姻費用分担請求をすることで、裁判所から適切な生活費の支払いを命じてもらうことができます。

また、児童扶養手当などの制度も活用できます。

詳しくは、弁護士に相談することをおすすめします。

5. 共働きで子供がいる場合

共働きで子供がいる場合、生活費の問題はさらに深刻になります。

子供の養育費も考慮する必要があります。

婚姻費用分担請求をする際には、子供の年齢や人数なども考慮してもらえます。

6. 共働きで子供なしの場合

共働きで子供なしの場合でも、生活費をくれないのは問題です。

夫婦の収入と生活状況に応じて、適切な生活費を分担する必要があります

話し合いで解決できない場合は、弁護士に相談しましょう。

7. まとめ

共働きなのに生活費くれない旦那は、婚姻費用分担義務を怠っている可能性があります。

話し合い弁護士への相談など、様々な対処法があります。

一人で抱え込まず、自分に合った方法で解決しましょう

※ 法的なアドバイスは弁護士にご相談ください。

Popular posts from this blog

タイ移住は悲惨?夢と現実、老後移住を成功させるための注意点、海外移住、生活費、50代、失敗、デメリット、費用、条件、後悔、リタイアメントビザ、ブログ、タイで暮らす日本人、

【徹底比較】銀座で出会いを叶える!おすすめ結婚相談所10選と、銀座でのデートプラン

旦那依存をやめたいあなたへ:克服方法とその先の幸せ