結婚式の人数、どう決める?ゲスト選びのポイントや平均人数、費用相場まで徹底解説!

 


結婚式準備において、招待するゲストの人数は重要な要素の一つです。親族や友人、職場関係者など、様々な人との関係性を考慮しながら、最適な人数を決めたいですよね。

この記事では、結婚式の人数に関する以下の疑問を徹底解説します。

  • 結婚式の人数、平均はどれくらい?
  • ゲストの人数と費用の関係は?
  • 人数差が大きい場合の注意点
  • 人数変更のタイミング
  • 人数合わせの断り方
  • 人数が多い方が得?

これらの疑問を解決することで、自分たちにとって理想的な結婚式の人数を決め、後悔のないゲスト選びを実現しましょう。

1. 結婚式の人数、平均はどれくらい?

ゼクシィ結婚トレンド調査2023によると、全国平均の結婚式招待人数は49.1人です。地域によって多少差があり、九州では61.4人、北海道では44.5人と、東西で17人もの差があります。

2. 結婚式の人数と費用の関係は?

結婚式費用は、招待人数に比例して増加します。一般的に、ゲスト1人あたり5万円~10万円程度が目安とされています。つまり、50人の結婚式であれば、250万円~500万円程度の費用がかかる計算になります。

3. 人数差が大きい場合の注意点

両家の招待人数に大きな差がある場合は、トラブルを避けるために事前に話し合っておくことが大切です。一般的な目安としては、新郎側:新婦側 = 6:4程度と言われていますが、あくまでも目安であり、必ずしもこの比率を守る必要はありません。

4. 人数変更のタイミング

結婚式の人数を変更できるタイミングは、挙式3ヶ月前までです。ただし、会場や料理の手配などによっては、それ以降でも変更できる場合もあります。

5. 人数合わせの断り方

人数合わせのために招待する場合は、相手に負担をかけないように断ることが大切です。具体的な断り方としては、以下のような方法があります。

  • 「遠方なので今回は遠慮させてください。」
  • 「まだ招待人数が決まっていないので、決まり次第ご連絡します。」
  • 「別の機会にお祝いさせてください。」

6. 結婚式テーブルの人数

結婚式では、一般的に1卓7~8人でテーブルを設けます。ただし、会場の広さや雰囲気に合わせて、6人や9人の場合もあります。

7. 結婚式の人数多い方が得?

結婚式の人数が多いほど、費用は高くなりますが、1人あたりの単価は安くなる傾向があります。また、人数が多いほど、会場が華やかになり、盛り上がりやすいというメリットもあります。

8. まとめ

結婚式の人数は、様々な要素を考慮して決める必要があります。平均人数や費用相場などを参考に、自分たちにとって理想的な人数を決めましょう。

大切なのは、ゲスト一人ひとりのことを想い、心から喜んでいただける結婚式にすることです。

この記事が、皆様の結婚式準備の参考になれば幸いです。

Popular posts from this blog

タイ移住は悲惨?夢と現実、老後移住を成功させるための注意点、海外移住、生活費、50代、失敗、デメリット、費用、条件、後悔、リタイアメントビザ、ブログ、タイで暮らす日本人、

旦那依存をやめたいあなたへ:克服方法とその先の幸せ

セブ島に移住:子連れ・アクセス方法・ブログ・治安・メリット・デメリット・失敗談・仕事まで徹底解説!