結婚式 両親への手紙:入籍済みでも感謝の気持ちを伝えよう!

 


入籍済みであっても、結婚式はご両親への感謝の気持ちを伝える大切な機会です。そこで今回は、入籍済みの結婚式で両親へ手紙を読む際のポイントや、例文をご紹介します。

結婚式 招待状 入籍済み 文例

招待状には、入籍済みであることを明記しておきましょう。例えば、以下のような文言がおすすめです。

〇〇と〇〇は、かねてより交際しておりましたが、この度入籍いたしました。 つきましては、〇〇月〇〇日(〇曜日)に結婚式を執り行う運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

結婚式 両親への手紙 便箋 書き方

手紙は便箋に手書きするのがおすすめです。便箋は白無地のもの、または淡い色のものを選びましょう。

手紙の書き方は自由ですが、以下の点に注意すると良いでしょう。

  • 冒頭には、「お父さんお母さん」など、ご両親への呼びかけの言葉を書く。
  • 本文には、これまでの人生を振り返り、ご両親への感謝の気持ちを伝える。
  • 結婚生活への決意を述べる。
  • 結びには、「これからもよろしく」など、ご両親への言葉を書く。

結婚式 両親への手紙 再婚

再婚の場合は、これまでの人生を振り返り、ご両親への感謝の気持ちを伝えるだけでなく、再婚を決意した理由や、新しいパートナーとの関係についても伝えることが大切です。

結婚式 両親への手紙 入籍 済み 子供

子供がいる場合は、子供のことについても触れると良いでしょう。例えば、以下のような文言がおすすめです。

〇〇と結婚し、〇〇という子供にも恵まれました。 これからも、子供と共に幸せな家庭を築いていきたいと思います。

結婚式 両親への手紙 親族のみ

親族のみの結婚式の場合は、親族への感謝の気持ちも伝えることが大切です。

結婚式 両親への手紙 入籍済み 新郎

新郎の場合は、ご両親への感謝の気持ちを伝えるだけでなく、奥様への愛情についても伝えることが大切です。

入籍 結婚式 どっちが先

入籍と結婚式は、どちらが先後でも問題ありません。近年では、入籍と結婚式を同時に行うカップルも多いです。

花嫁 手紙 入籍済み

花嫁の手紙は、ご両親への感謝の気持ちを伝えるだけでなく、これからの人生への決意を述べる場でもあります。

結婚式 両親への手紙 渡さない

結婚式で手紙を読まない場合は、後日手渡しや郵送で手紙を渡しましょう。

まとめ

結婚式は、ご両親への感謝の気持ちを伝える大切な機会です。入籍済みであっても、ぜひ手紙を書いて気持ちを伝えましょう。

例文

お父さん、お母さん

〇〇と〇〇です。

私たちはこの度、結婚いたしました。

これまで、私たちを温かく見守ってくれてありがとう。

小さい頃から、いつも私たちのそばにいてくれたお父さん、お母さんのおかげで、私たちはここまで成長することができました。

これからも、二人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。

これからもよろしくね。

敬具

〇〇 〇〇

例文

お父さん、お母さん

〇〇と〇〇です。

私たちはこの度、結婚いたしました。

〇〇とは、〇〇年前に出会い、交際を続けてきました。

〇〇は、優しく思いやりのある人です。いつも私のことを支えてくれて、私のことを一番理解してくれる人です。

〇〇と結婚することを決意した理由は、〇〇です。

これからも、〇〇と力を合わせて幸せな家庭を築いていきます。

これからもよろしくね。

敬具

〇〇 〇〇

Popular posts from this blog

タイ移住は悲惨?夢と現実、老後移住を成功させるための注意点、海外移住、生活費、50代、失敗、デメリット、費用、条件、後悔、リタイアメントビザ、ブログ、タイで暮らす日本人、

旦那依存をやめたいあなたへ:克服方法とその先の幸せ

セブ島に移住:子連れ・アクセス方法・ブログ・治安・メリット・デメリット・失敗談・仕事まで徹底解説!